独身女が幸せな末路を掴む為の5つポイント!結婚したいけどできない人へ

 

スポンサーリンク

 

ずっと独身のままで、結婚の予定もまったくないと「もうこのまま一生独身かも」と心配になってしまいますよね。
一生独身は寂しいだけではなく、将来がどうなってしまうのかも心配です。
本当は結婚したいけど、なかなか良い人に出会えないという人は独身に備えた準備も始めないといけません。

準備をしておけば独身でも幸せになる人はいます。でも、そうは感じられない人が多いのも事実です。
本当は結婚したいなら、独身を視野に入れつつも色々な婚活も試してみるべきです。

この記事では独身女性の末路がどうなるかを示しつつ、そうならないための解決策をご提案します。
もちろん結婚して幸せを掴む方法も。
きっとあなたのお悩みの力になることができるでしょう。

スポンサーリンク

独身女の末路が悲惨と言われる理由

結婚をしないで独身を貫いていると心ない人から「独身女の末路は悲惨だよ」と言われることがあります。
でもこれはただの意地悪ではなく、本当に悲惨と言える理由があるのです。
一生独身の女性の末路がどうなるのか、悲惨と言われる理由をまずは知っておきましょう。

寂しさ、孤独死

独身女性が悲惨な末路をたどる大きな理由はやはり寂しさです。
これは末路を待たずにしてもわかることでしょうが、周囲の友人は結婚しているのに自分だけパートナーがいないというのは、取り残された感覚に陥りとても寂しいものです。

ある意味取り残される寂しさは愛する人がいない寂しさも上回ります。
周りの人たちは旦那さんの愚痴を言いながらも幸せそうにしています。それは一生続き、やがては子育ての話し、さらには孫の話しになっていきますがまったく付いていけないことになります。
独身であることは男性から求められないことだけではなく、やがて同性の友人からも距離を感じることになるのです。

寂しさの究極は孤独死の可能性です。
おばあさんになっても一人ぼっちで、やがて誰にも気が付かれることなくひっそりと人生を終えていくと想像すると怖くなりませんか?
独身女性の末路が悲惨と言われるのもわかる気がしますよね。

老後の貧困など、お金の問題

独身女性の末路が悲惨な理由は気持ちの部分だけではなく、現実的なお金の問題もあります。
女性の場合男性よりも年収が少ない場合が多いですが、収入源が自分しかありませんので仕事を辞めることができません。
高収入を得られる仕事を持っていればまだ救いはありますが、一生独身のまま少ない収入の仕事を続けていくことになります。

そしてその先に待つ老後はもっと悲惨なことになります。
収入が少ないので貯金をしたり資産を持つことができなかった女性は老後になってから貧困に陥ることになります。
貧困だと体力的に苦しくても何か仕事を探さなければなりませんし、満足な介護を受けることもできません。
子供も旦那さんもいない独身女性は、金銭的にも誰にも助けてもらえずに悲惨な老後を過ごすことになるのです。

スポンサーリンク

独身女が幸せな末路を掴む為の5つポイント!

悲惨な末路の可能性を知ったならば、対策をとることで独身女性でも幸せになる方法はあります。
自分は一生独身だろうなと思うなら、自分の将来のために今から準備を始めておきましょう。
独身でも幸せな末路を掴むためのポイントを5つご紹介します。

老後に向けた貯蓄をしておく

一生独身を貫くのであれば今すぐにでも老後に向けた貯金を始めましょう。
老後に充実した生活を送るには最低でも2,500万円が必要だと言われています。
そんな大金を後から貯めるのは簡単ではありませんので、少しでも早い時期から貯金を始めておくことは大切なことです。
老後に娯楽や趣味などを楽しんだ悠々自適な生活を楽しむためにもしっかりと今から貯金をしておきましょう。

友達や親族などの、人との関わりを大切にする

人間が一番辛く感じるのは何よりも孤独です。
若い時はそれでも強がっていられますが老後になると弱気にもなりますます寂しく感じるようになります。
独身で旦那さんや子供がいないのであれば頼りになるのは友達や親族ということになります。
今が忙しいとついつい疎かにしてしまいがちですが、しっかりと関わりを大切にしておくことを心掛けるようにしましょう。

心から楽しめる趣味や娯楽を見つける

独身であることは寂しいと思うこともありますが、お金も時間も自由に使えるという大きなメリットがあります。
独身を嘆くよりも、おひとりさまだからこそできる自分が本当に好きなことを存分に楽しむようにしましょう。
おすすめは趣味や娯楽などで幸福感が味わえるものを見つけておくことです。
自分が好きなことはいくつになっても楽しむことができますし、楽しみがある人は独身でも普段の生活も充実しています。
楽しみを通じて話しの合うお友達がでいることもありますので、せっかく自由な時間とお金があるのですから楽しいことに使うようにしてください。

自由に恋愛を楽しむ

独身は恋愛だって自由です。
いくら好き同士で結婚したとしても、一緒に生活しているうちに段々と飽きてきていしまい、一生好きのままでいられるとは限りません。
しかし一度結婚してしまうと別れるのは大変なことで、結局我慢してずっと一緒にいることになります。
不倫などしてしまうともっと大事になってしまい、仕事から資産まで全てを失う可能性すらあります。

その点独身女性は自由気ままな恋愛を楽しむことができます。
好きになればその人と付き合うことができますし、冷めてしまえば別れてしまうことだって簡単です。
結婚して一人の人に一生縛られるよりも、独身のままでいた方が自由気ままな恋愛が楽しめます。

そう考えれば独身も決して悪いものではなく、無理に結婚をするよりも自由な恋愛をしていくつになっても女性としての輝きを持っておいた良いとも言えます。

仕事で没頭し、昇進を目指す

独身で自由ですと仕事にも集中することができます。
結婚してしまうと家庭のことも考えなければなりませんし、出産で休みを取る場合や旦那さんの都合で転勤しなければならないことだってあります。
独身であればそんな家庭都合の制約はなく仕事に没頭することができますのでキャリアアップも十分狙えます。

仕事を頑張ることは目標ができて生きがいにもなりますし、結果として収入も増えていきます。
自分の収入が増えればプライベートでも充実した時間を過ごせたり、老後に向けた貯金もできますので将来への不安もなくなります。

仕事で活躍することで、結婚とはまた違った幸せを掴むことができます。

スポンサーリンク

独身女性で幸せな末路を迎えるのは、既婚女性よりも2倍難しい

独身女性でも幸せな末路を迎えることは十分に可能です。
しかし『女性の幸せに関する意識調査』では、既婚女性の方が独身女性よりも2倍幸せと感じていました。
このことから言えるのは独身女性よりも、結婚をした女性の方がより幸せになりやすいということです。

もちろん何をもって幸せと感じるかは本人の自由ですが、結果として既婚女性の方が幸せを感じているのは重要なことです。
独身女性が幸せな末路を迎えるのは既婚女性よりも2倍難しいということになります。
結婚が絶対ではないとは言っても、幸せな末路を掴むためにも結婚は常に意識しておきたいですね。

本当は結婚したいなら、異性との出会いも大切に

「私は一生独身かも…」と覚悟を決めつつも、心の中では「本当は結婚したい!」と思っている女性は多いはずです。
そんな人は、一生独身でも幸せな末路を迎えるための準備はしながらも、同時並行で結婚をするための出会いを求め続けることをおすすめします。

結婚は出会いとタイミングです。
今まではたまたまチャンスに巡り合わなかっただけで、諦めなければ結婚の可能性はいつだってあります。
自分で出会いを断ってしまうとその可能性も潰してしまうので、男性との出会いは大切にしておきましょう。

出会いを求めるなら結婚相談所や婚活パーティー、婚活用のマッチングアプリなど色々な方法があります。
求める男性像や自分の性格に合わせてピッタリなものを試してみてください。

出会いを大切にしておけば、もう無理だと思っていた結婚のチャンスが突然訪れて幸せな末路を迎えられるかもしれません。

具体的な出会いの探し方はこちらを参考にしてみてください。

30代女性の婚活!絶対結婚する為のおすすめ出会い方法6選

 

婚活ライター:桐生 あおい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です