婚活はツラく、めんどくさいもの!結婚相手が見つかるまでは、作業の繰り返し

 

スポンサーリンク

 

婚活って正直めんどうですよね。
初めは「理想の相手をみつけて幸せになるぞ!」と意気込んでいても、そのやる気は続かないもの。
「これでは一生結婚できない」と不安になる人も多いのではないでしょうか。
でもそれはみんなが経験すること。
だって婚活はめんどうにできているのですから。
このめんどうさを乗り越えるために、何故婚活がめんどうなのかを考えてみましょう。

婚活がめんどくさいと感じるのは当たり前の事

婚活がめんどくさいと感じるのは当たり前です。
めんどくさいと思ってしまう理由は様々ですが、主な理由は次のものが挙げられます。
・気疲れしちゃう
・理想の人に出会えると限らない
・プレッシャーに疲れる
・心を痛めることも多い

これは誰もが感じていることで、あなたが特別めんどくさがりというわけではありません。
それぞれの理由を掘り下げてみましょう。

知らない相手と出会うので気疲れするから

知らない人と出会うことは何かと気を遣ってしまって疲れるものです。
相手がどんな人かまだわからいのでどんな接し方をすれば良いのか探りながらになりますし、自分の素を出すのも慎重になってしまいます。
これは婚活に限った話ではなく、どんな時でも同じではないでしょうか。

しかも婚活で出会うのは将来の旦那さん候補です。
少しでも良く思われたいと考えて気に入られようと頑張ることになるので、いつも以上に気を遣うことになってしまいます。
場合によっては様子をみるために普段のキャラを隠すことにもなってしまうのでめんどくさく感じるのは当たり前です。

もっと自分らしくいるべきだとはわかっていても、口で言うほど簡単なことではありません。
こんなことが何度も起きると「もう婚活はいいや!」と思ってしまうことになります。

理想とはほど遠い人に出会う事も多いから

婚活は自分一人でするわけではありません。
お相手もいるわけですので自分の理想の人に出会えるとは限りませんし、時にはまったく自分のタイプじゃない人からアプローチを受けることもあります。

自分の理想から外れた相手からアプローチをされるのは精神的にも落ち込んでしまいます。
お相手には申し訳ないですが、「自分にはこんな相手しかいないのか」と思うことになるので嫌なのです。
婚活している男性には年上の人も多いです。
同年代であれば理想と違っても意外な一面の発見もあるかもしれませんが、年上では会話も弾みようがありません。

そんなことばかりが続くと婚活がめんどくさくなってきます。
せっかくのアプローチを断るのも楽ではなく、なるべく相手に失礼のないようにと考えているうちにウンザリしてきてしまうのです。

本当に結婚できるのか、焦りや不安があるから

婚活中は悩みの連続でもあります。
初めは素敵な出会いを夢見て始めた婚活も長引いてきたり、「この人いいな」と思った人と疎遠になるようなことがあると、「もう結婚できないんじゃないか」という不安や焦りがうまれます。
思い悩むことが増えて結婚が「できるか」「できないか」にしか気持ちがいなかくなっていきます。

不安や焦りがあると精神的にとても疲れることになります。
婚活を楽しむことができなくなってしまい、「嫌だな」と感じることの方が多くなってしまいます。
嫌なことをわざわざしたがる人はいませんのでめんどくさいと感じるのは当然です。

自尊心が傷つく出来事も多いから

婚活は楽しいものですが、辛いことも多くあります。
特に婚活は出会いと別れの繰り返しです。新たな出会いがある分だけ辛い別れも経験することになります。
あなたがやむ負えず振ることもありますが、反対に振られてしまうことだってあります。
うまくいっていると自分では思っていたのに急に連絡が来なくなったり、連絡をしているのに返事が返ってこなくなることもあります。
そうすると「自分の何がいけなかったのだろう?」と思い悩むことになります。

自分だけが男性から選んでもらえない、自分でいいなと思える人と上手くいかないことは自尊心を傷つけます。
婚活では今まであまり経験してこなかった、他人から評価されるという辛さを味わうことが多いので婚活によって自尊心を傷つけられた経験を持つ人は多いです。
傷つけられたら婚活が怖くなってめんどうと感じてしまうのも仕方がありません。

婚活は、運命の人に出会うまでの作業の繰り返し(めんどくさいのは当たり前)

婚活は運命の人に巡り合うまでは出会いと別れを繰り返す作業と言うことができます。
同じことを何度も繰り返すのですがらめんどくさいのは当たり前です。
この婚活作業は辛くておもしろくないと感じることもたくさんあります。
「もうめんどうだしいいかな」と思うことも多くありますが、そこでやめては幸せは逃げてしまいます。
僭越ながら婚活がめんどくさくなっているあなたに私からアドバイスを送らせていただきます。
この章を読んでもらえば、いかに婚活の作業を続けることが大切かがわかっていただけるはずです。

結婚願望の強い男性に出会い、ダメなら次へ行く。この繰り返し

婚活は究極的に言えば結婚相手に出会うまで、出会いと別れの繰り返し作業です。
結婚するためには結婚願望が強い男性に出会い、もしもダメなら次へ切り替えるということを繰り返すことになります。

男女の関係ですので別れると凹んでしまい、辛くなってきますが、その考えは捨てて作業に徹するべきです。
婚活は恋愛ではありますが、目的を果たすための作業でもあります。
ある程度ドライに考えたが楽ですので、別れがあっても次の男性とまた会えばいいやと気軽に考えていくことをオススメします。

過度な期待は不要だけど、希望は捨てちゃダメ

婚活が成功するかどうかは心の持ちようによって変わってきます。
婚活中に男性とお近づきになると「今度こそ上手くいきそう!」や「この人とは絶対、、」という気持ちが湧きますが、過度な期待はあまりオススメすることができません。
期待を持ち過ぎるとダメだったときのショックが大きくなってしまうので切り替えが難しくなります。

だからと言って希望を捨てるのもダメなことです。
何度失敗しても「次こそは」という気持ちは持ち続けなければなりません。
諦めなければ素敵な人に出会えると信じて続けることもまた重要なことです。

期待し過ぎは不要だけど、希望は捨てちゃダメだなんて心のバランスが難しいですが、そんな微妙な気持ちを保つことが出来る人が婚活で成功するのです。

めんどくさいで諦めると、3年後本当に後悔する

婚活をしているとめんどくさくなって諦めたいと思うこともあるでしょう。
ですが、めんどくさいで諦めると、3年後に後悔する時がきてしまいます。
諦める前に本当にそれで良いのか考えてみてください。

これは一般論ですが、女性は若ければ若いほど婚活に有利です。
もしも今、諦めてしまったらもう1回やり直そうと思った時には休んだ時間の分だけ歳をとってしまい不利になります。
「あの時諦めなければ良かった!」と後悔するのはバカバカしいと思いませんか?
だから、今諦めてるよりも、めんどくさくても作業を繰り返した方が得策でしょう。

婚活がめんどくさくても、結婚願望の強い男性に出会う事だけ続けよう

このように、婚活は辛いことが多いのでめんどくさいと感じるのは仕方がないことです。
だけどそのめんどくさいことも捉え方一つで気持ちを軽くすることができます。

婚活はただの作業の繰り返しです。
めんどくさくなってもそれでも自分を奮い立たせて結婚願望が強い男性に出会い続けることが求められます。
諦めてしまえば楽ですが、あなたが3年後に後悔しないためにもとにかく次の男性に会うことをオススメします。

もしも今の婚活方法で上手くいってないなら、諦めてしまう前に、こちらのサイトも参考にしてみてください。

30代女性の婚活!絶対結婚する為のおすすめ出会い方法6選

 

婚活ライター:桐生 あおい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です