婚活で誰も好きになれない女性の5つ特徴|原因と解決方

 

スポンサーリンク

 

婚活をしていても何故か出会った人のことを好きになれないことってありますよね。

結婚を考えるためには好きにならないと始まらないのになかなかうまくいかないと焦ってしまいます。

でも、そうやって婚活で出会った人を好きになれないのは実は当たり前のことで、あなただけのお悩みではありません。

この記事ではそんな悩みを抱える女性を5つのタイプに分けて解決策をご提案しています。

どこか婚活が充実していないという人の参考にしてもらえれば嬉しいです。

婚活で出会う人を好きになれないのは当たり前!

婚活をしていても、なかなか出会った人を好きになれないと「どうしてだろうと?」と悩んでしまいますよね。

でもそれって当たり前のことなんです。

婚活で出会った人をたちまち好きになる方が珍しいので悩んでも問題ありません。

でもどうしてなかなか好きになれないのでしょうか。

探している相手が将来のパートナー

そもそもですが、婚活は結婚を相手を探すための行動です。
そこで出会う男性は将来のパートナー候補であり、その人は今後のあなたの人生を大きく左右する人になります。
パートナー選びは自分の人生を賭けた選択と言っても過言ではなく、真剣に悩むのは当たり前のことです。

これがただの恋愛であれば「この人いいかも」と思って付き合ってみてダメだったら別れれば済む話です。
しかし一度結婚してしまえばそう簡単にもいきませんし、結婚に至らなかったとしても婚活での時間のロスは大ダメージです。

そのため相手選びに慎重になるのは当然のことであり、いろいろと考えてしまうのですぐに好きになることは難しいのです。

あなたの理想に完璧に当てはまる男性はいない

結婚を考えた時に、一般的には理想の相手の条件は高くなる傾向があります。
婚活でも理想の条件を設定して相手を探しているという人は多いでしょう。

ですが、あなたの理想にドンピシャで当てはまる人などほとんどいないはずです。
周囲で素敵な男性だと思う人は大体既婚者で、結婚を考えられない相手です。

結果として理想の条件ではないけれどそこそこ良いという人に妥協して会うことになります。
しかし元々の理想があるので、その妥協で出会った人を一度会っただけで好きになることは簡単ではありません。
もちろんお付き合いをしていくなかで良い所を発見して好きになっていくことはありますが、最初は戸惑いがあるものです。
理想の相手に会えていないのですから、すぐに好きになれないのは当たり前のことです。

スポンサーリンク

婚活で出会う人を好きになれない女性の5つの特徴と解決策

婚活で出会った人を好きになれないのは当たり前のことではありますが、やはり個人差は大きいものです。
なかなか好きになることができない人の特徴を5つピックアップして解決策をご提案します。
あなたはどのタイプになるでしょうか?

理想とかけ離れているから

婚活をしていてもその人のことが好きになれないのは、単純に相手が自分の理想からかけ離れているからです。
どんなに良い人でも、結婚相手として考えてしまうと理想から大きく外れている人を好きになるのは難しいです。
理想を追い求める婚活だからこそ、そう簡単に好きになることはできません。

解決策

婚活で出会った男性を1回で好きにならなくてはいけないなどと思わない方がいいです。
その人がどんな人かもよくわかっていない段階ですので、どうしても条件面や第一印象ばかりが先行してしまいます。
そんな材料不足の状態で「この人は好きになれない」と判断してしまうのは早すぎます。

もしかしたら思ってもいなかった魅力が発見できるかもしれませんので、生理的に受け付けないと思った場合を除けば何度かデートをしてみましょう。
そうやって理想とのギャップを埋めていくのです。
もちろん生理的に無理だと思った場合は好きになることができる可能性は極めて低いので次の男性を探しましょう。

相手に求める条件が厳しすぎるから

結婚相手に求める条件が厳しすぎると永久に合格ラインに達した男性に会うことはできません。
結婚以前に出会いが始まらないので好きになるどころではありません。
例えば「年収1,000万以上、身長175cmで、、」なんてスペックの男性は未婚男性の全体の1%にも満たないのです。
そんな条件を求めているようでは好きになれる人には会えません。

解決策

自分の条件に当てはまる男性に会えないと思っているなら、本当にその条件は必須なのかを見直してみましょう。
妥協することができそうな条件があれば、対象となる男性が急に増える可能性があります。
理想を追い求めるのと現実的に考えないのは別問題ですので、何が一番大切かを冷静に考えてください。

検討した結果、やっぱりハイスペック男子は譲れないというのであれば、そんな男性と出会えそうな婚活サービスを選びましょう。
適当に選んだ婚活方法で奇跡のような出会いを求めるのはちょっと無理があります。

スポンサーリンク

過去の恋愛を引きずっているから

婚活を始めたきっかけは結婚するつもりだった彼氏と別れたからなど、過去の恋愛を引きずったまま婚活をしている女性は珍しくありません。
過去の恋愛を忘れることができていないと、どんなに素敵な人と出会っても元彼と比較してしまうことになります。
元彼のことを諦めきらないので新しい恋に集中できず、好きになることができません。

解決策

元彼のことが忘れられない人は、今の相手が元彼よりも劣っている部分を無意識のうちに探してしまいます。
元彼との思い出が美化され過ぎて最高の相手だったと考えたくなるのです。
でもそうではなく、今の相手の良いところを意識して見つけるようにしましょう。
元彼の方が良かった部分ももちろんあるでしょうが、今の相手にもその人だけの良いところが必ずあります。
そこを愛することができれば、元彼と比べる必要はなくなります。

元彼のことは無理に忘れようとすると「見返してやらなきゃ」と余計に意識してしまうものです。
気にしないのが一番で思い出は思い出として残しておいて、新しい彼氏のことだけを考えるようにしましょう。
そうすれば目の前の人を好きになることができます。

そもそもおつきあいした事がないから(恋愛が苦手)

明治安田生活福祉研究所(2016)によると、未婚者のうち交際経験のない30代女性は25.7%と、実に4分の1もいるそうです。
おつき合いをしたことがないという女性は意外と多いなという印象があります。
このように交際経験がないと、恋愛が苦手になってしまい婚活で相手を探していながらも実際におつき合いに発展するのは怖いと感じてしまいます。
そうすると無意識のうちに距離をつくるように心のブレーキがかかったり、自分自身がどうしたいのか本当の気持ちがよくわからないことになってしまいます。

解決策

恋愛経験がないために自分でも結婚相手に何を求めているのかがよくわからない時には、とにかくまずはデートをしてみましょう。
生理的に受け付けられない相手でない限りは、できるだけデートを重ねて相手のことを知ることも大切です。
真っ白な状態で相手と何度かデートをしていれば相手の良さもわかってきますし、自分の結婚観というものも出来上がってきます。

本当に恋愛が苦手で、男性と何を話していいかもわからないという人は結婚相談所もおすすめです。
結婚相談所であれば専門のコーディネーターさんに相談しながら婚活をすることができます。
最初のうちはデートに同行してくれるサービスがあるケースもありますので、恋愛初心者でも安心です。

本当は結婚したくないから

全ての未婚女性が心から結婚を望んでいるわけではありません。
婚活はしているものの、それは周りの友人の影響で乗り遅れないためのものであったり、親から期待されてイヤイヤながらの婚活になっているという女性もいます。
そんな婚活そのものに乗り気になれていない時に男性と出会ったところでスイッチが入っていないのですから好きになることはできません。
一度自分の本音を確認してみてはどうですか?

解決策

まず最初にすべきことは、本当に結婚をしたいのかそうでないのかを決めることです。
結婚をしたくないという結論が出たのであれば、婚活を続けても苦痛にしかなりませんのでスパっと止めてしまった方がいいでしょう。
そんな状態で男性に会っても、相手に対しても失礼です。
いくら親の為とはいえ、自分の気持ちに嘘をつく必要はありません。

積極的に婚活をしなければ絶対に結婚ができないわけではありません。
結婚を意識しないで自然体で過ごしていれば、いつの間にか本当に好きになれる人に出会えることだってあります。
そんな自然体でいられるような相手を探して、無理のない出会いを探してみることも大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です