実は男性余りだった!「婚活市場は女余りと」と感じる女性が、本当に知るべき事実

 

スポンサーリンク

 

婚活をしていると、「婚活市場は女余り」という話を耳にしたり、感じる事はありませんか?

実際になかなか良い出会いに恵まれないと女余りだと感じ、男性よりも女性の方が多いライバルだらけの中うまくいくのか心配になってしまいます。

 

でも、実は婚活市場は男性の方が余っているのです。

それなのに、どうしてあなたは女余りだと感じてしまったのでしょうか。

 

それはあなたの婚活に改善の余地あるということです。

 

女余りを感じない効率の良い婚活を、今日から早速始めましょう。

 

婚活市場は女余りじゃない!

婚活は女余りだと言う人もいますが、実際の婚活市場では女余りが誤解であるばかりか、男性余りの状態です!

 

それに、さも当たり前のように女余りと言っていますが、それを感じているのは一部の女性に過ぎません。

大半の婚活経験がある女性は、『女余り』を感じないまま婚活を卒業しているんです。

 

やり方さえ間違えなければ、誰でも女余りを感じない婚活をすることは可能なのです。

 

数字でみると、『婚活市場は男性余り』が事実

婚活市場で男性余りだという事実は、数字を見れば一目瞭然です。

総務省統計局の2017年12月のデータによると、日本の人口は男性が6,164.9 万人に対して女性は6504.6万人と女性の方が多いです。

しかし『独身』となる男性の割合が非常に高くなります。

 

統計局が2011年10月に発表した「人口等基本集計結果」では、女性の未婚者数が1,309万人に対して男性は1,663万9千人。

 

つまり、独身女性よりも、独身男性の方が350万人も多いんです!

 

この数字からも読みとれるように明らかに独身男性は女性よりも多いのです。

 

 

次に、大手の結婚相談所や婚活アプリ、婚活パーティーなどのサービスを利用しているユーザーの人数も調べてみましょう。

業界最大手の結婚相談所である『楽天オーネット』の登録ユーザー数は、2018年7月1日時点で、男性26,827人に対して女性は22,028人と4,000人以上も男性の方が多いのです。

最大手の婚活サイトの最大手であるペア―ズでも、女性会員の比率は約40%と、男性の方が割合は高いです。

 

男性の方が金額的にも割高にも関わらずの結果ですので、いかに多くの男性が婚活を行っているかがわかります。

各サービスが女性の金額やサービスを良くして、女性を集めていることも男性余りの証明ともいえるのではないでしょうか。

 

『婚活市場は女余り』と感じていない女性も多い

実際に婚活市場の『女余りを感じなかった』人たちの口コミを見てみましょう。

男性のご意見も含めて、みなさん実際に行動て意外な男性余りを実感しています。

婚活パーティーに参加すると、、
先日はじめて婚活パーティーへ行きました。
女性4人に対して男性8人と、バランスの悪い婚活パーティーでしたが、こんなものでしょうか?
男性側は待ち時間が多そうだし、私達女性側は休む間もなく男性が次々現れるので本当に大変でした。。。
(27歳 あやか 看護師)

 

婚活サイトに登録したら、2日で80人以上から、、
友人からオススメされて某恋活サイトに登録したところ、、登録した直後から『いいね』や『メッセージ』が鳴り止まなくてびっくり!
10歳くらい年上の男性や、同年代の男性など、2日間で80人以上の男性から連絡が来て、ちょっと怖くなりました!
(26歳 美咲 営業事務)

 

結婚相談所に入会。出会いに困らない
私は結婚願望が強く、26歳で結婚相談所へ入会しました。
カウンセラーさんからも、私の年だと申し込みが多いと聞いていましたが、本当に出会いに困ることはありませんでした。
申し込みをいただいた男性の中から、タイプの男性に絞って次々と会い、今の旦那さんと出会えました。
人生で一番のモテ期を味わえたし、自慢の旦那さんとも結婚できたし、早く行動して本当によかったです。
(28歳 遥 パート)

 

男性ですが、、
婚活パーティーへ行くと『女性の対象年齢』によって、男性の参加人数が違いますね。
女性の年齢が『30代限定』のパーティーだと、女性よりも男性の方が人数が少ない事が多いし、
女性が20代限定だと、必ずと言っていいほど、男性の方が多いです。
(36歳 まさと SE)

 

あなたが、『婚活市場は女余り』と感じる理由

 

数字や口コミを見ていただいて、婚活市場には男性の方が多いことはお分かりいただけたかと思います。

ではそれなのになぜあなたは婚活をしていて女余りを感じてしまうのでしょうか。

婚活の方法を見直せば、状況はガラリと変わるかもしれません。

 

好みの条件に合う男性と出会えないから

ある程度完成してしまっている日常生活の中では、新しい出会いは少ないです。

その中で条件にある男性を見つけるのは困難と言わざるを得ません。

また、出会いを求めて婚活パーティーなどの場に行くにしても、若い子が多いところに参加しては、良い出会いを求めることはむずかしいでしょう。

大抵の男性は若い女性が好きですから、若い女性がモテるのは当然です。参加する場は慎重に選びましょう。

そして30代の女性が直面する最大の問題が、理想が高すぎるということです。

男性に対しての条件が厳しいので、イイなと思える男性が少なく思えてしまいます。

出会いを求めるのであれば、条件面も含めて自分の今までの婚活を振り返る必要があります。

 

婚活の手段を間違えているから

「婚活」といってもただ闇雲に行動すれば良いものではありません。

年代によって効果がある婚活方法は違います。

30代女性には効率が悪い婚活はやめて、効率良く質のイイ出会いを求めましょう。

 

友人知人の紹介や合コンは定番ではありますが、相手が限られていることもあり効率が良いとは言えません。

また、婚活パーティーも若くて見た目の良い女性に人気が集中しやすいので、あまり良いとは言えません。

 

30代であれば、結婚相談所や婚活アプリが質のイイ出会いがあってオススメです。

自分の年代や条件に合った男性を探すことが出来ますし、登録者のほとんどが結婚に真剣な男性なので効率の良い婚活が可能です。

チャンスを逃さないためにも一番イイのは併用して出会いを最大限に増やすこと!

 

手段が合っていれば、質のイイ出会いはいくらでも見つけることができます。

 

でも、男性は婚活に消極的で、女性は積極的なのは事実!

 

結婚をすることで、女性はメリットが多いです。

経済的・精神的安心を得ることができますし、しっかりした生活環境が整えば、安心して子供を育てられるようにもなります。

また長年悩まされてきた婚活ハラスメントからの解放も達成できます。

 

一方で男性はリスクの方が多いと感じているのが実情です。

独身時代のような自由な行動が制限されますし、家庭を持つことで経済的負担も増えます。

一人気ままに暮らしていたのであれば、共同生活によるストレスも馬鹿にはできません。

そのため、男性は婚活には自然と消極的になってしまいます。

 

表面上は結婚を求めて婚活をしている『つもり』になっていても、本心では結婚を強く望んでいません。

そんな男性とは仮に出会っても進展には時間がかかります。

 

女性の方が婚活に積極的なのは事実です。

効率良く婚活をするのであれば、『本気』で結婚を望む男性を探すべきなのです。

 

婚活市場は女余りと感じる女性が、本当はとるべき行動

婚活市場が女余りと感じているのであれば今すぐに正しい行動を取らなければいけません。

本当にとるべき行動ができていれば、あなたの婚活は大きく変わるでしょう。

 

『効率的』に『質のイイ男性』と出会える婚活を今すぎ実行すべき!

 

キーワードは『効率的に質のイイ男性をみつけること』です。

30代ではそれほどのんびりと婚活をしている暇はありません。

そのため、質のイイ男性が多く集まる場所で婚活をするのが効率です。

 

一番本気の男性が多いのは結婚相談所です。

わざわざ高いお金を払っているだけありますので、結婚したい男性だけが集まります。

 

出会いの数を増やすなら婚活パーティーや婚活アプリを活用することです。

 

ただし若い子が集まるところは避けて、自分に合ったパーティーやアプリを活用しましょう。

効率的に行うなら組み合わせて婚活をする必要がありますが、まずは動くことが最優先です。

どれか1つ自分に出来そうなことがからで十分なので、今すぐにでも動きだしてください。

 

 

女性は『年齢』が最重要視される!一番若い『今日』からしっかり行動する!

 

女性にとって『年齢』は最重要視される項目です。

若ければ大きな武器になりますが、それは日を追うごとに失われていきます。

もちろん他の魅力でカバーすることは可能ですが、年齢を重ねるごとに不利にはなってしまうので、婚活市場で女性が余っていると実感することが多くなるでしょう。

時間が経てば経つほどこの問題は深刻化します。

もう迷っている時間はありません。

婚活を成功させるには今日にでも行動を開始することを強くおススメします。

 

婚活ライター:桐生 あおい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です