35歳〜30代後半の実家暮らしの独身女性が、婚活で有利になる方法!

 

スポンサーリンク

 

『アラサーにもなって、実家暮らしだと結婚できない!今すぐ一人暮らしをしなさい!』

 

こういった書き込みを見て、テンションが下がっていませんか?

 

婚活中って、悪い情報ばかりに目がいきますよね。

 

33歳は、婚活では不利』とか

『派遣社員だとダメ』とか

『30代の独身女性は、貯金を○○○万円以上持っていないとダメ』

とか。

 

実家暮らしもそうです。

巷では『実家暮らしの35歳〜30代は結婚できない!』とか言われていますよね?

 

私も結婚するまで、実家暮らしでした(^^)

 

 

でも、婚活をしていて、『34歳の実家暮らし』=『婚活に不利!』と感じた事ない一切ないんですよね。

 

それよりも、

『実家暮らしだし、34歳だし、婚活って惨め、、』

って思っている精神状態の方が、間違いなく婚活に不利です!

 

だから今日は、35歳〜30代後半の実家暮らしが婚活に有利になるアピール方法をお伝えしますね(^^)

 

35歳〜30代後半の実家暮らしは、こうアピールせよ!

 

私は約1年間の婚活の中で、多分45人くらいの男性と、二人きり会いました。

(多いですかね?笑 本気で婚活してたらこんなもの??)

 

その中で、『実家暮らし』って事は積極的に話をしていたし、とっても好印象に捉えて頂けましたよ^^

 

そのアピール方法はこうです↓

 

・家族が仲良し(とても大切な存在)

 

私は家族が本当に好きなので、家族の話をよくしました。

 

『父は無口だけど、愛情深い人なんですよ〜この間はこんな事があって〜〜、、』とか

『姉妹の仲がめっちゃ良くて、姉が帰阪すると一緒に買い物にいくんです☆』とか

『姪っ子可愛いんですよね〜!顔は置いといて(笑)、血の繋がりってすごい!』

とかね^^

実家暮らしや家族の事について聞かれたら、家族のエピソードを交えて紹介していました☆

 

そうする事で、家庭的でいいイメージをしてくれた男性が圧倒的に多かったですね(^^)

それに親近感がわくのかもしれません。

 

もしあなたが、実家暮らしなら、家族との暖かいエピソードを1つでも思い出して話すると、男性に受けがいいと思います♫

 

・あなたの家族とも仲良くなりたい

 

相手の男性も、年齢的に『親孝行したい』と思っている年代。

 

なので、家族の仲の良さをアピールすると、ほとんどの男性は、

『家族を大切にしているこの人だったら、オレの家族とも仲良くなってくれそう!』って気持ちが芽生えてきたり、勝手に想像してくれます。

 

婚活中でお会いした男性が、家族の話をしはじめた時には、

”あなたの家族に興味がありますよ”って雰囲気で、聞いてあげるのも重要だと思います。

 

もちろん、話したくなさそうな人には、深く聞いちゃダメですけどね!

 

でも男性って、自分から家族の話をするのが『恥ずかしい』と思っている方が多いな〜と思います。

私が家族の話すと、堰(せき)を切ったように、家族の話をする男性が多かったです(笑)

 

親孝行したいなら、実家暮らしで家族思いの(家族を大切にしている)女性の方が、いいと思いませんか?

 

35歳〜30代後半の実家暮らしって、そもそも不利じゃないと思う!

 

そもそも、実家暮らしの35歳〜30代後半ん独身女性って、本当に男性にとって悪いイメージなのでしょうか?

 

色んな意見がありますが、私が聞いた話(男性の意見は)では、そんな事なかったですよ!

 

例えばこうです。

『実家暮らしが婚活に不利って、男性の話じゃないの?』

 

『う〜ん。。一人暮らしの方が何かと都合がいい(お泊りがしやすい)から好ましいだけで、別に実家暮らしが嫌って訳じゃないけど?』

 

『今時実家暮らしは珍しい!親を大切にしてて素晴らしい!!』

 

って感じでした^^

 

まぁ色んな意見がありますからね〜。

 

悪い面をみるとキリがないし、『なぜそんなひどい事いうの。。。(泣)』っていう意見も多いですよね?

 

『実家暮らし=悪』という意見に負けそうになってはじめた婚活でしたが、蓋をあけてみれば『実家暮らし』は、アピール次第で婚活に有利な印象でした!

 

 

35歳〜30代後半の実家暮らし女性の注意点!

 

ただ、『30代女性の実家暮らし』は、勘違いされやすいもの事実です。

 

だからこそ、下記に挙げる<勘違いされやすいポイント>には、気をつけて自然とアピールしてみてくださいね☆

 

経済的に自立している事

 

金銭面や精神面での自立は、心配される事が多いのかもしれません。

 

『家にお金を入れずに、全部自分で使っている』とか

『なんでも親に相談したり、大切な事を一人じゃ決めれない』など。

 

実際は、そこまで完璧でなくてもいいんです。

(私も、やっぱり一人暮らしの人よりは、考えが甘いな〜って自負しています。)

 

勘違いされてそうだなーと思ったら、さりげなくアピールしておくといいと思います!

 

私はよく『ちゃんと一人暮らしの家賃くらい、(家に)お金入れてますからね〜笑』とか、ちゃんとアピールしていましたよ^^

 

親への感謝を忘れない事

 

『家事は親がやってくれる事を当たり前と思っている』

『家事は一切できない』

と思われているパターンもあるようです。

 

しっかり家事が(最低限)できるアピールや、親への感謝の気持ちがある事を伝えると、

心配している男性も、安心するようですよ♫

 

例えば私の場合は、デートを誘われた時に

『その日は晩御飯をつくる当番だから、○日でもいいですか?笑 はじめてシューマイ作りにチャンレジしようとおもっています!うまくできたら、今度食べてくださいね♫』

みたいな感じでアピールしていましたね!

 

なんかイイ感じの返答じゃないですか?笑

 

実際こんな事をしていない人は、花嫁修行だと思って家事を率先してやってみるとか、実績をつくって行けばOKです^^

 

こんな感じで、柔らかく明るい印象を与えるといいと思います!

 

 

35歳〜30代後半の実家暮らしでも、胸をはって婚活しよう^^

 

このように、実家暮らし=婚活に不利=結婚できない=『一人暮らししないと!』なんて思う必要なんてないです!

 

それに、家庭の事情で『実家をでにくい』環境の方っていますよね?

 

なので、実家暮らしの自分を否定する必要ってない!

 

完全に自立したカッコイイ女性もいいけど、

家族を思い、暖かい家庭環境で過ごしている『実家暮らしの30代後半女性』ならではの、良さもたくさんあります!!

 

 

それに辛い時に、家族の存在ってありがたいですよ☆

 

婚活中って、『誰からも必要とされていないかも。。(必要とされたい人から、必要とされない の方が正しいかも)』って落ち込む事もあります。

そんな時に、家族と過ごす時間は、婚活への活力にもなります。

 

だから、婚活の為にわざわざ一人暮らしするなんてナンセンスじゃないですか?

 

それなら、実家暮らしである事を、有利になるようにアピールする方が得策ですよ☆

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です